-

整体の仕事をしています。 仕事の役に立つ資格で健康管理指導員という資格を取りましたが、その勉強をしているときに初めて「ロコモデイブシンドローム」という、言葉を知りました。 簡単にいうとこれは日ごろ積極的に歩いたり運動する習慣のない高齢者が運動しないことによって特に脚の筋肉が減り、歩けなくなるというものです。 仕事上高齢者に施術を頼まれることが結構あって、この言葉を教えつつ施術するのですが、痛いところを動かして貰ったりリラックスしたくて、施術をいわば人任せにしたい方たちばかりですので、なかなか、真意が伝わらずちょっと困ります。 ずっと依頼を受けて訪問している方で80代の女性がいます。 割と狭い空間で過ごしていて、なんでもちょっとで手に届くところにあるので運動量が本当に少ないのです。 年々太ももやふくらはぎなどの筋肉がやせ細ってきているので、できるだけ散歩するように勧めてはいますが、 どうやら散歩中のけがも怖いし歩くと疲れてしまうのだそうで。 ロコモテイブシンドロームをありのまま見ているようで、そしてこれを何とかしてあげたいと思うのですが。