-

ローンキャッシングした場合、返済をする時には利息を含めての払いになるのは誰もが知っていると思います。キャッシング会社は収益を狙いとした企業なのですから必然です。しかし返金する方は、わすかでも少なく支払いたいと思うのが心中でしょう。利息制限法が適用される一世代前は、年30%近い利率返済していましたが、設けられてからは高利息でも年18%位と随分低く設けられているので、とっても良くなったような気がします。今のキャッシングの利子範囲は4%位から18%位の間が設定されていて、利用上限額により決められます。利用可能額は申込者の信用によって決定されます。総量制限により年収の1/3までと定められていますので、年の収入がどの程度なのか?どういった職業についているのか?クレジットの利用状態はどうなのか?あれこれ調査され与信額としてキャッシングの内容が決まることになります。カードローンの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各社で利用可能額は一様ではありません)と広い幅があります。こうしてその枠の中で決められた利用可能金額により金利も決まるはずです。50万円なら年18%、300万円なら年間12%、800万円なら年4%といった数値になるのです。つまり、信用度が上がれば、貸付可能金額も高くなり、利息も下がります。これに矛盾を感じるのは私しだけでしょうか?余談となりますが、カード会社にとって、それらは常識のはずですが、年収の高い人がお金の借入れができないと困ると考えずらいですし、仮にキャッシングローンを利用したとしても利息が良かろうが悪かろうがお金を返す事に悩む事はないはずです。反って年収悪い人は直ぐにお金がほしいからキャッシングする方がほとんどです。利息が高いと返済に苦労するようになるはずです。なので借り入れ可能範囲の少ない人にこそ低利子で使えるようにするべきです。この主張は使う立場としての意見となります。この事を考慮すると、利率を低くする為にはどうすれば良いのかぼんやりと理解したのではないでしょうか。実際にこれから述べる方法で、申し出をする人が大勢いるので教えますと、カードローンの申請をする時に、年収の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みの手続きをするのです。申込みのカードローン審査で全額通ればそれだけ利子が低いカードを持参することができるのです。と言って限度額ギリギリまで使用しなければならないという事はありません。10万円でも20万円でも必要な分だけ使用できます。そして利用限度可能枠が300万円で最低利子年7%位のローン業者も存在しますので、その企業に手続きを申し込めばその企業の最低利子で受ける事ができるようになります。どうですか?やり方を変えるだけで低金利のカードローンを持参することが出来るようになります。自らの年収とローン会社の金利を照らし合わせて、調査さえ怠らなければ、より望ましい状態で借りれるのですから、きちんと確認するようにしましょう。